MENU

カードローンは身近なお金の借り方

目的の為に必要なお金を借りる事をローンといいますが、それにはたくさんのローンプランが用意されています。マイホームを購入する為に借り入れる住宅ローンをはじめ、自動車を購入する為のマイカー(自動車)ローン、教育目的で借りる教育ローン、事業の為のお金を借りるビジネスローン、日常生活に関るお金であるカードローン、結婚式に用立てるブライダルローン、他にも多目的ローンや旅行ローン、不動産ローンなどなど…実に多種多様なローンが用意されているのです。こうしてみると、人生において大金を使うことが意外と多いことがわかります。誰もが、一つは経験しそうなものばかりです。特に身近なものといえば、カードローンではないでしょうか。

 

そもそもカードローンというのは、全国規模である大手銀行や地方銀行、インターネット銀行といった金融機関、さらにはこれらの子会社である消費者金融やどこにも属さない消費者金融などが取り扱うサービスとなります。これらのどこのカードローンを利用するかで、銀行カードローン、銀行系カードローン、消費者金融系カードローンなどと呼んでいます。

 

カードローンという名前の通り、利用する際にはカードが発行されます。カードローン専用として使うタイプもあれば、銀行預金口座と兼用となっているタイプもあり、ATMでも気軽にお金が借りられるようになっています。さらには、クレジットカード機能がついているタイプもあり、これの場合はクレジットカード会社と連携しているものとなります。


カードローンとローンカード

カードローンと似たような言葉に、ローンカードといった言葉があります両者には、一体どんな違いがあるのでしょうか?

 

まず、ローンカードというのは、融資を目的として信販会社が発行している専用のカードです。信販会社がクレジットカード機能をプラスしたカードローンとはまったく異なるものとなります。とはいえ、すべての信販会社がこうした形を必ずしもとっているとはいえず、一部の信販会社においては、このカードを用いてサービス全てをカードローンと呼んでいるところもあるのです。ですから、信販会社が作っているカードは、おおむねローンカードと考えても良いといえます。現金を引き出すことができるカード…といった意味ではほぼ同じですから、ローンカードもカードローンもあまり差はないものともいえるのですね。


会社によって違う法律の適用範囲

カードローンといったサービスを取り扱っている会社には、大きく2つに分けることができます。銀行と、貸金業者と呼ばれる会社です。しかも、カードローンには2種類の商品があり、それぞれの特徴からも、法律による管理が若干異なるものとなっているのです。

 

銀行は銀行法という法律で管理されていますが、貸金業者は貸金業者貸金業法という法律によって管理されています。この貸金業法で管理されている貸金業者…つまりは、消費者金融とも呼ぶ会社では、その融資枠において総量規制といった規制が設けられています。
ところが、銀行法では総量規制といった規制がほとんどないのです。どうしてもこうも差がでてしまうのかというと、融資枠の上限が法的に定められているのか、それとも定められていないかといった違いがあるからです。

 

では、規制が緩い銀行のカードローンを利用するほうが得じゃないか…と思えるところですが、銀行のカードローンを通る為に審査はとても厳しく、その融資枠を簡単に取れるようなものとはなっていないのです。こうした厳しい審査といった特徴が、特に規制をかける必要がない…といった判断にもつながっているのです。

 

ただ、最近では多くの消費者金融が銀行グループの子会社となっているケースが多くなっています。ちなみに、会社の分類が違うので、たとえ子会社だろうがなんだろうが適用される法律は異なるものとなります。会社としては銀行と同じグループとして経営されていますから、そこまで大きな違いはなくなってきているのですが、貸金業法による厳しい規制によって制限がかかって振り落とされてしまう申込者も依然として多いのも事実です。


熾烈な戦いが展開されている貸金業界

厳しい規制に対応する為に、各消費者金融では他社からの契約者を引き込む作戦を積極的におこなっています。これは借り換えといったものであり、熾烈な客の奪い合いがヒートアップしているのです。新規顧客の獲得を念頭にやらなければ生き残れないほど、消費者金融会社も増えてきているともいえるのです。

 

ちなみに、貸金業者は2つの種類があります。消費者金融と信販会社です。ちゃんと登録されている会社かどうかは、金融庁が公開している登録貸金業者情報検索入力ページで調べる事ができます。変なところに捕まらないように、事前にこうしたところで調べておくといいでしょう。

 

かたや銀行はというと、こうした状況の中で、みずから進んでカードローン業界に手を伸ばしてきました。通常の銀行業務に、新たな収入源としてその可能性を見出した…ともいえます。銀行は法律の規制が少ないですから、消費者金融よりもいくぶんか高い収益を期待することがでいます。ただし、カードローンは下手をすれば大きな損失を生み出しかねない、まさに紙一重といったサービス。利用者の生活が一変し、支払いが滞るようになれば…銀行にとっては大きなマイナスとなるのです。

 

即日 お金借りる


更新履歴