銀行 消費者金融 カードローン

MENU

クレジットカード会社が取り扱うカードローン

クレジットカード会社が取り扱うカードローンを、信販系といいます。そのサービスをみてみると、銀行と消費者金融の中間的な位置でのサービス内容となっています。

 

もともと、信販系と言えばショッピング用のクレジットカードとしてのサービスが主流となっていました。が、カードローンで現金を借りたいとする人が増えてきたことにより、信販系でのこれを取り入れるようになりました。それが、クレジットカードにショッピング枠以外のサービス枠をプラスしたカードローンです。クレジットカードとしての機能が主流であったことからも、こうしたカードを信販系と呼ぶようになりました。

 

とはいえ、必ずしもクレジットカードにショッピング枠だけでなくカードローン枠もついているわけではなく、申し込時にクレジットカード機能だけにするのもいいですし、カードローン機能を付けた形で発行してもらってもいいと、自分次第となります。基本的にはショッピング用とカードローン用と分かれているのが多いのですが、とりあえずは申込み段階で確認しておくようにしましょう。

 

そして、信販系カードローンにおいて一番利用しやすいのは、普段自分が使っているクレジットカード会社がおこなうカードローンとなっています。お金を借りるというのは、初めての人ほど抵抗感を感じやすいものですが、それが普段から使っている会社のサービスとなると、親近感はもちろん安心感も得やすいものとなるのです。特に、楽天といった大手ショッピングモールサイトや、セゾンやオリックス、ライフといった、日常的に身近なところだと、わりとすんなりと申し込みができるようです。


ショッピングとカードローンの一体型は多方面で活躍する

信販系のカードローンの審査の厳しさはどんな感じかというと、銀行系のカードローンよりかは厳しくない…というのが正直なところでしょう。普段のショッピングでも使っている人にとっては慣れた会社でもあるので、そういう意味では他のカードローンよりも使いやすいといえます。しかも、銀行系のカードローンに申し込んだら審査で落ちてしまったが、普段使っているクレジットカード会社がやっているカードローンに申し込んだら、問題なく審査を通る事ができた…なんて話もあるくらいなのですから。

 

とはいえ、信販系のカードローンでも、金利が安く設定されているところとなると、その審査は厳しくなるようです。積極的にカードローンによる貸し出しをおこなっている信販系だと、そう厳しい審査にはならない…ということなのですね。銀行も消費者金融もそうですが、審査の厳しさは金利によって左右されているともいえるのですね。

 

ちなみに、クレジットカードとカードローンが一体化したタイプのカードを持っているとなると、普段の買い物はもちろん、急にお金が必要になった際もそれ一枚で対応することができます。場合によっては海外でも使用できるカードもありますので、一体型で申し込む際にはそこらへんも確認するといいでしょう。海外旅行に行った際には便利です。