銀行 消費者金融 カードローン

MENU

消費者金融にはあって、銀行にはないもの

カードローンには、消費者金融系としたカードローンと、銀行系でのカードローンとあります。どちらも似たような感じにみえますが、やはり金融会社としての立場が違うだけに、そのカードローンのサービス内容も異なるものとなります。さまざまなカードローンサービスがあるなかで、この2つのカードローンは比較的検討されることも多いので、是非それぞれの特徴や違いを理解してから選ぶようにしたいものです。

 

まず、消費者金融系と銀行系のカードローンで大きく違うのは、総量規制が適用されるかされないか…です。総量規制とは、年収の3分の1以下の金額しか融資を受けられない…といった法律で、それを超えた融資をしてはいけないとして、審査でも借入金額が適正かどうについて厳しく調べられることとなります。銀行系のカードローンではこの総量規制は適用されないので、比較的大きな金額が借りることが可能となりますが、消費者金融系のカードローンでは総量規制がばっちりと適用されることとなりますので、年収を考慮した借入しかすることはできません。

 

なぜ、銀行には総量規制が適用されないのかというと、まずその理由の一つとして、業務内容の違いが挙げられます。銀行はお金の貸し借りが主な業務ではなく、一部の業務としておこなわれています。つまり、メインの仕事ではないのです。ところが、消費者金融では、お金を貸すことで利息といった利益を得ることを主な業務としています。つまり、貸せば貸すほど儲かるのです。そういったことからも、行き過ぎたお金の融資で利用者を破産させないようにと、総量規制を設けているのです。

 

また、審査の難易度も関係してきています。銀行における審査はとても厳しく時間がかかるものとなっています。ところが、消費者系の審査はでは銀行よりも審査が甘く、誰でも借りやすい…といったレベルにまでなっているのです。審査が厳しいということは、それだけ返済不能になる事が少ないということでもあります。逆に、審査が甘いという事は、ちょっと状況が代われば返済にひびく可能性もあるということ。後者の場合で大金を借りていたら…破産する可能性も高くなりますので、そうした甘さからも総量規制といった破産を予防するような措置を取っているのです。


銀行系と消費者金融は、どちらを選ぶべき?

銀行系も消費者金融系のカードローン、それぞれにメリット・デメリットがあります。どちらがいいのかは、利用者の状況によるといえます。基本的に、借入希望額が少額であれば、どちらのカードローンを利用してもそこまで利子や限度額においての差はないと思われますので、審査が甘くて通りやすい消費者金融のほうがおすすめかもしれません。逆に、長期間にわたる多額の融資を希望している場合は、審査は厳しく融資に時間がかかるけれども、その金利は安い銀行系がおすすめといえます。

 

○銀行系カードローン
メリット…総量規制は対象外で、専業主婦でも夫にしっかりとした収入があれば借入可能。
融資限度額は広い範囲まで可能となっています。
デメリット…審査が厳しく、実際に融資されるまで時間がかかりやすい。

 

○消費者金融系カードローン
メリット…審査が通りやすく、融資もスピーディー。
デメリット…総量規制の対象であり、専業主婦が借りるのは難しい。
融資限度額は少額となります。