MENU

昔とは大きく様変わりした消費者金融

今でこそテレビコマーシャルなどで気軽に目にすることが増えたことからも、消費者金融に対してのイメージは少しは良いものとなりました。が、一昔前までは、そのイメージは最悪なものともいえるものでした。今でも消費者金融と聞いて良いイメージを持たない、もしくはちょっと危ないイメージがある…なんて方もまだいらっしゃるのです。

 

確かに、ひどい消費者金融会社もありましたが、今では法整備も進み、厳しい監視下に置かれる状態となっています。闇金融といった違法の金融会社につかまらなければ、そうそうひどい目に会う事もないのです。返済をきちんとおこない、利用方法を間違えなければ何も問題など起きないのです。

 

さて、そんな消費者金融会社がおこなうカードローンとは、一体どんなものなのでしょうか?銀行が取り扱う住宅ローンを利用する際には、利用者は生命保険に入る事、さらには購入した家に抵当権を付けることとなります。つまり、担保ですね。この担保となるものが、消費者金融でのカードローンには基本的には設定されていません。

 

また、即日審査や即日融資、審査基準が銀行よりも低いので、審査に比較的通りやすい…といった特徴もあります。これは、消費者金融ならではなの最大のメリットともいえます。そもそもカードローンというのは、急にお金が必要になって利用するものですから、融資まで時間がかかり過ぎてはあまり意味がありません。急ぎでお金を受け取りたい、時間を費やしたくない…なんて人には消費者金融がぴったりなのです。


消費者金融のカードローンのメリット・デメリット

急いでお金を借りたい人に向いている、消費者金融でのカードローン。窓口だけでなくインターネットでも申し込みが可能で、早い会社ではたったの30分で審査が終了してお金を受け取ることができるというのですからすごいものです。カードもすぐに発行される驚きのスピードです。定期的な収入があれば申し込みが可能となっていますから、アルバイトやフリーターといった人でも申し込みが可能。他の銀行系や信販会社のカードローンよりも審査基準が低いといえるでしょう。

 

消費者金融がおこなうカードローンは利便性も高く、大手の消費者金融会社ともなると銀行やコンビニ等と提携しているところもあります。その返済方法もATMはもちろんコンビニや銀行振り込みなど、数種類の方法が用意されていて便利なものとなっています。常に時代の流れに沿った最先端のシステムを取りいれる姿勢が高いのです。なにせ、スピード審査や無人での契約、インターネットを利用した契約など…今では当たり前になっているこれらのサービスをいち早く導入したのが、銀行ではなく消費者金融なのですから。

 

とはいえ、消費者金融のカードローンもいい事ばかりではなく、銀行系や信販系に比べると金利が高くなるといったデメリットがあります。ですから、計画的に慎重に借入なければ、金利が負担となって完済するのが難しくなってしまうこともあるのです。しかも、消費者金融系のカードローンには総量規制が適用されることとなり、借入限度額が年収の3分の1以下と定められています。つまり、借りやすいけれども、長期的な借り入れや大口での借り入れには向かない…といえるのです。