銀行 消費者金融 カードローン

MENU

どの銀行でやっている?

銀行系カードローンとは、銀行が提供する個人を対象とした無担保ローンのことです。銀行系カードローンを利用したい…と思ったら、まずは自分がもっている銀行口座がどれになるか確認してみましょう。その上で、その銀行においてのカードローンを調べてみるといいです。銀行のATMなどにパンフレットが設置されていることが多いですから、何かの用事があったついでに見てみてもいいですね。もちろん、窓口で聞くこともできます。

 

銀行系カードローンを申し込む際には、必ずしもその銀行の口座を持っていなければいけない…なんてことはありませんので、いろいろと比較してみた結果、口座を持っていない銀行が関係している銀行系カードローンのほうがお得に借りることができる場合は、そちらほうで申し込んでみましょう。主な銀行系カードローンは、下記のようなものが挙げられます。

 

・三菱東京UFJ銀行…BANQUIC(バンクイック)
・三井住友銀行…三井住友銀行カードローン
・みずほ銀行…みずほ銀行カードローン
・りそな銀行…りそなプレミアムカードローン
・新生銀行…新生銀行スマートカードローン
・楽天銀行…楽天銀行スーパーローン

 

ちなみにこの銀行系カードローンは、ネット銀行でもおこなわれています。楽天銀行や住信SBIネット銀行などがそれにあたります。


銀行系カードローンの種類

銀行カードローンと銀行系カードローンは、前者が銀行が主体となってやるカードローンであり、後者は銀行の傘下に入っている消費者金融がおこなうカードローンとなっています。ですが、この銀行系カードローンもさらに細かく分けることができます。銀行の窓口で手続きなどをおこなうタイプと、あくまでも銀行の子会社もしくはグループ内の消費者金融が運営するもの…となるのです。

 

では、それぞれの契約先はどうなっているのでしょうか?銀行が主体となっておこなっているカードローンでは、その契約先は銀行となります。対して、銀行の子会社やグループに属している消費者金融がおこなっている場合では、その契約先は消費者金融となります。こうしてみると、前者にいたっては銀行カードローンとあまり変わらないものといえます。

 

ここ近年においては不景気からくる経済状況だけでなく、テレビコマーシャルなどによる有名タレントの出演により、消費者金融のイメージがそれほど悪いものとはなくなってきています。昔は消費者金融にお金を借りれば、法外な利息がつき、その取立ては厳しくて命までも差し出さねばならない…なんて怖いイメージが強かったのですが、最近ではそういったイメージは薄れつつあります。また、債務整理といったもしもの際にはなんとか助かる道がある…といった情報も広く知られるようになったことも影響しているようです。手軽に小額から現金が借りられるとあって、カードローンの利用者が爆発的に増えてきているのです。

 

そうしたこともあり、銀行としても新たな戦力として消費者金融を取り込んできているのです。銀行内でカードローンのサービスを始めるだけでなく、消費者金融を新しく作ったり、合併して子会社化するなどして、カードローン業界に参入。その魅力的な内容から顧客を増やしているのです。