銀行 消費者金融 カードローン

MENU

銀行系カードローンのメリット

銀行系のカードローンは、銀行の傘下に入っている消費者金融が取り扱っており、その内容は単独でおこなう消費者金融や信販会社よりも、利用者にとってはいくぶんか有利なものになっているといえます。特に金利の低さは他と比べても安く、それが為にこちらを選ぶ人がほとんどとなっています。

 

消費者金融と比べて10%といった大きな差があることもあることからも、同じ消費者金融でも銀行が味方についているだけでどれだけ有利になるのかかわかります。融資を受ける場合、借りた金額と期間に対して金利が発生するものとなりますが、当然のことながら、金利が少ないほどその返済も楽なものとなります。返済を滞りなくおこなうためにも、金利はできるだけ抑えたい…それは、カードローンを利用する上ではとても重要なこととなるのです。
ちなみに、給与の振込みや各種公共料金の引き落としとして、関係している銀行の口座を利用していると、提示されている数字以上に金利が優遇されることもありますので、そうしたサービスもチェックしておくといいでしょう。

 

銀行系カードローンを利用するメリットは金利だけでなく、法的な規制に関しても優遇されています。消費者金融や信販会社でのカードローンでは、貸金業法による総量規制が適用されます。年収の3分の1以上は借りられない、融資ができない…といった規制ですが、銀行カードローンだけでなく銀行系カードローンでも適用されないのです。総量規制による上限の規制がないので、特に高額での融資をお願いしたいときには利用しやすいといえます。

 

しかも、給与の振込みや公共料金の引き落としなど…普段から利用している銀行の傘下の消費者金融がおこなうカードローンであれば、これまで銀行と築いてきた信用がそこにはあることになり、カードローンの審査も比較的通りやすいものとなるのです。利用者からしても、いつも利用している銀行ですから、カードローンの利用に関しても安心感があるといえます。


銀行系カードローンのデメリット

金利面や総量規制といった面からみると、とても有利にお金を借りることができる銀行系カードローン。同じ消費者金融のカードローンを利用するにしても、できれば銀行の傘下に入っているところで申しみたいですね。ですが、メリットあればデメリットもあるもの。銀行系カードローンと呼ばれるだけあって、その審査は単体の消費者金融や信販会社よりも厳しいものになっているといわざるを得ないのです。

 

金利を重視するのであれば銀行系カードローンの方が適切ですが、他にも複数の借り入れがある、その場合の返済状況はどうなっているのか…など、返済能力において適正かどうかがじっくりと審査されることとなります。ですから、複数の借り入れがある場合は、できる限り借り入れ内容をまとめてから相談するのが良いです。借り入れ件数が1件ぐらいでしたら銀行系カードローンもそう厳しいとはいえませんが、2件ともなると審査に通るのは厳しいものとなります。

 

審査スピードに関してはあまり他のローンとも変わらないですが、申し込みから融資までは、他の会社よりも若干、時間がかかるようです。