銀行 消費者金融 カードローン

MENU

資金用途別ローン

都市銀行や地方銀行など…銀行の中でも特定の金融機関でおこなわれている銀行ローンは、資金用途別のローン商品を中心に取り扱っています。マイホームを購入する為の費用、車を購入するための費用、教育に使う為の費用…といったように、それぞれ何に使うかで細かく分類し、それに適した内容でのローンとしています。

 

マイホームや車、そして教育は人生において一度は考えるものであり、実際にその支払いを工面することが多い種類です。また、それぞれにかかる費用というのははっきりしています。使用目的に合わせた内容のローンを使うことで、その使い勝手はもちろん、金利面においても、銀行系ローン会社や消費者金融会社が取り扱うローンよりも低くなっていることがほとんどですから、それだけお金を抑えることができます。

 

とはいえ、金利が低く設定されているということは、それだけ信用が高くなければいけないという事。つまりは、審査が厳しいものとなっているのです。融資を承諾する条件はかなり厳しく、審査対象とする人も限定されてしまっています。その審査内容では特に勤続年数を重視しており、慎重に判断することからも、審査にかける時間も長いものとなっています。もちろん、その審査に必要となる書類は多く、場合によって何度か足を運ばないといけないこともあるのです。

 

ある程度の高額でのお金を借りるとなると、銀行も貸し倒れにならないように十分な審理を行わなければならなくなるのですね。


キャッシングローン

大手の都市銀行などが頭となって運営している、銀行系ローン会社のサービスです。つまりは、銀行グループの傘下に入っている消費者金融会社にが設定しているローン。銀行がおこなうローンとは違い、その使用目的範囲はとても広いものとなっています。限定されていないので、生活費や交際費、レジャーなど…さまざまな場面で使っていいので、使い勝手では銀行ローンよりも上といえます。

 

このキャッシングローンは、銀行グループに入っている消費者金融以外にも取り扱っており、銀行の傘下に入っていない消費者金融や信販会社がそれに当たります。これらの中でもやはり銀行と一緒になっている消費者金融の方が融通が利きやすく、融資限度額の設定が大きく設定されているだけでなく、金利も他と比べて安くなっています。特に、金利が利息制限法の範囲内であることをきっかりと守っているのが、選ばれる大きな理由となっているようです。

 

銀行カードローンと比べると、銀行系カードローンは審査基準も甘いモノとなっています。しかも、保証人や担保も必要としません。銀行カードローンを申し込むよりもはるかに気軽にできるので、利用者の数もそれなりに多くなっています。今では4人に1人の割合で利用している状態になっているといわれているほどなのです。

 

そんなキャッシングローンでの申し込み条件としては、満20歳以上で69歳未満であり、安定した収入がある…といったのが特に外せないものとなっています。年齢の上限に関しては各社金融会社によって異なるものとなります。また安定した収入源には、正社員だけでなくパートやアルバイト、そして年金も場合よっては含まれることもあるのです。